潮干狩りに必要な道具や持ちもの

「潮干狩り!に行こう!」

「帽子やタオル、サンダル、貝を採るために必要なくまでやスコップ、あみ、バケツなどざっと思い浮かぶけど、そのほかには?」

潮干狩りに行く前にもう一度持ちものや道具を確認しましょう。

 ← 子供も満足!ママに人気の潮干狩りセット

熊手(くまで)

熊手は言うまでもなく、貝を採る際に必要です。
貝の中には柔らかい貝もあります。
貝を傷つけないため、先が鋭くとがっていない熊手(くまで)を持参します。
量は取れませんが、子供用のお砂場セットに入っている「プラスチック製の熊手」を用いると、貝は傷つきません。


バケツ

熊手などを持ち運ぶために用います。小さなお子さんには採った貝を入れる入れ物としても利用できます。

潮干狩りの決定版!お買い得な「潮干狩り」ファミリーセットDX→


靴やサンダルなど足元

潮干狩りに最適な足元の条件は、すべらないもの。

濡れるからとレインシューズ(長靴)を用意される方がいますが、長靴に水が入り潮干狩りが楽しめません。子供が水遊びをする足元を思い出してください。

←潮干狩りでも脱げない!クロックス


かかとがついた脱げない仕様になっているサンダルが便利です。水が入ると普段以上に脱げやすくなりますので、ピッタリサイズのサンダルをおすすめします。

また別に、浜辺用のサンダルなどの履物を用意すると食事や休憩時も気持ちよく過ごすことができます。


帽子

潮干狩りでは思っている以上に紫外線を浴びることになります。
日焼け防止のためツバの広い帽子を選びましょう。

また潮干狩りで濡れることなどを考え、通気性もよく乾きの早い「麦わら帽子」がおすすめです。

頭、首を紫外線から守る!サマーキャップが人気→


タオル

タオルは首にスカーフのように巻くものを1枚(首の日焼け防止用)、潮干狩りの休憩時に使うタオル1枚、潮干狩りが終わった後に汚れを落とした時に使用するタオル1枚と用途別に用意すると便利です。

潮干狩りは、水場ですので思っている以上にタオルが必要となりますので、多めに用意するのが良いでしょう。

潮干狩りで採った貝を入れるため網を複数枚用意します。
貝の種類によって分けて入れるのが自宅へ帰ってからも便利です。
貝は砂をたくさん含んでいるので、網目が細かいものはお掃除が大変ですので その点を注意し、用意しましょう。

クーラーボックス

貝は足が早い(=腐りやすい)食べ物として知られています。
持ち帰った貝は、その日のうちに食べるようにしましょう。
温度上昇を避けるために、クーラーボックスの中に入れる保冷剤や氷も忘れず持参してください。

5日間も氷が溶けない!(ウルトラサーモ断熱材)
クーラーボックスはコマ付き、取っ手つきが軽くて便利!→



レジャーシート

場所を確保?のためのレジャーシートはビニール製をおすすめします。
潮干狩りスポットに到着、入場したらレジャーシートを敷き場所を取り荷物を降ろす。
その後は、潮干狩りへ!




TOPPAGE  TOP