千葉で人気の潮干狩りスポット

千葉近郊で家族で楽しめる潮干狩りスポットをご紹介!
潮干狩りは朝早くから出かけるとたくさん貝をゲットすることができます!
前日は近場の宿へ宿泊して、翌朝「いざ、潮干狩り!」というパターンをおすすめします


潮干狩りに行く服装とは


潮干狩りへ行くけど、どんな服装で行けばよいの?
と潮干狩り初心者の方は悩むところではないでしょうか。

まず、考えることは「日焼け」と「浜風」。

太陽が照っている時は、紫外線対策。
潮干狩りを終える頃になると海に浸かっていて体は冷えています、それに加え浜風もあって、少々肌寒く感じることがあります。

↑人気!水着にもなる「子供用ラッシュスーツ」

長袖に半パンツ

トップスには、日焼けを考えると長袖がベスト。

しかし、天気によって長袖では暑いという場合もあります。また、子供は特に暑がりです。
体調や好みで調節しましょう。


下は、海に入り水に濡れますから、半ズボン。
濡れることを前提で、長ズボンの裾を折り返ししてという方もあります。

服の下には水着着用

私の場合経験から、長袖に半パンツもサーフィンなどで着用する「ラッシュガード」に「ボードパンツ」や「サーフパンツ」とよばれる上下を着た下に水着で潮干狩りをします。   ラッシュガード(日本製)→

完全に海へ行くスタイルです!
これなら、濡れることを前提とした服装ですから、水にぬれるなど気にすることなく、思う存分潮干狩りが楽しめ、また乾きも早く一石二鳥です!


潮干狩りに必要な道具や持ちもの

「潮干狩り!に行こう!」

「帽子やタオル、サンダル、貝を採るために必要なくまでやスコップ、あみ、バケツなどざっと思い浮かぶけど、そのほかには?」

潮干狩りに行く前にもう一度持ちものや道具を確認しましょう。

 ← 子供も満足!ママに人気の潮干狩りセット

熊手(くまで)

熊手は言うまでもなく、貝を採る際に必要です。
貝の中には柔らかい貝もあります。
貝を傷つけないため、先が鋭くとがっていない熊手(くまで)を持参します。
量は取れませんが、子供用のお砂場セットに入っている「プラスチック製の熊手」を用いると、貝は傷つきません。


バケツ

熊手などを持ち運ぶために用います。小さなお子さんには採った貝を入れる入れ物としても利用できます。

潮干狩りの決定版!お買い得な「潮干狩り」ファミリーセットDX→


靴やサンダルなど足元

潮干狩りに最適な足元の条件は、すべらないもの。

濡れるからとレインシューズ(長靴)を用意される方がいますが、長靴に水が入り潮干狩りが楽しめません。子供が水遊びをする足元を思い出してください。

←潮干狩りでも脱げない!クロックス


かかとがついた脱げない仕様になっているサンダルが便利です。水が入ると普段以上に脱げやすくなりますので、ピッタリサイズのサンダルをおすすめします。

また別に、浜辺用のサンダルなどの履物を用意すると食事や休憩時も気持ちよく過ごすことができます。


帽子

潮干狩りでは思っている以上に紫外線を浴びることになります。
日焼け防止のためツバの広い帽子を選びましょう。

また潮干狩りで濡れることなどを考え、通気性もよく乾きの早い「麦わら帽子」がおすすめです。

頭、首を紫外線から守る!サマーキャップが人気→


タオル

タオルは首にスカーフのように巻くものを1枚(首の日焼け防止用)、潮干狩りの休憩時に使うタオル1枚、潮干狩りが終わった後に汚れを落とした時に使用するタオル1枚と用途別に用意すると便利です。

潮干狩りは、水場ですので思っている以上にタオルが必要となりますので、多めに用意するのが良いでしょう。

潮干狩りで採った貝を入れるため網を複数枚用意します。
貝の種類によって分けて入れるのが自宅へ帰ってからも便利です。
貝は砂をたくさん含んでいるので、網目が細かいものはお掃除が大変ですので その点を注意し、用意しましょう。

クーラーボックス

貝は足が早い(=腐りやすい)食べ物として知られています。
持ち帰った貝は、その日のうちに食べるようにしましょう。
温度上昇を避けるために、クーラーボックスの中に入れる保冷剤や氷も忘れず持参してください。

5日間も氷が溶けない!(ウルトラサーモ断熱材)
クーラーボックスはコマ付き、取っ手つきが軽くて便利!→



レジャーシート

場所を確保?のためのレジャーシートはビニール製をおすすめします。
潮干狩りスポットに到着、入場したらレジャーシートを敷き場所を取り荷物を降ろす。
その後は、潮干狩りへ!



潮干狩りであると便利なもの

潮干狩りに行く際、ないと困ると言うことでもないが、あれば助かる!便利!
というグッズなどをあげてみます。

サングラス

案外忘れがちなサングラス。
潮干狩りの場合、ファッションではありません^^
紫外線から目を守ってくれるサングラスはあると便利です。

バスタオル

タオルは複数枚持参することはご説明すみですが、バスタオルもあると便利です。
シャワー設備のある潮干狩りスポットの場合、シャワーの後体を拭くことはもちろんのこと、水に浸かると肌寒くなります。そんな時は「はおりもの」としてバスタオルが大活躍してくれます。かさばりますが、潮干狩りに行く際はあると何かと便利です。


着替え

潮干狩りでぬれても大丈夫な服装でも、終えてから寒くなったり、雨が降ってくると言うことも考えられますので、「着替え」はあると便利でしょう。

また、ナイロン製の薄手のジャンバーやレインコート(合羽)も雨や寒さどちらにも使えます。


着替えやタオルがぬれない!ウォータープルーフトートバック(防水バッグ)↑


日焼け止め

日焼け予防のため、「日焼け止め」は必須です。
日焼けしやすい場所は顔と首の後ろです。小さなお子さんには、くれぐれも注意してあげてください。唇も乾きますので、リップクリームもあると便利です。


軍手

潮干狩りスポットのよっては、軍手がある方が良い場合もあります。
また、肌の敏感な方、女性の方には軍手がある方が良いかも知れません。


絆創膏

潮干狩りに夢中になって、手や足をケガした・・・。ということもあります。
絆創膏を用意しておくと安心です。


(潮干狩り時に)貴重品を入れるポーチ

潮干狩りに気をとられている間に、置き引きの被害に・・・。
ではせっかくの潮干狩りも台無しです。

家族や仲間の一人が見張り役となって管理すれば置き引きの被害は防げるでしょうが、留守番の一人は楽しくありません・・・・・。

車の鍵や免許書、サイフ、携帯などが入る防水ケースや袋に入れたものをポーチなどに入れ、身に着けるようにしたいものです。

世界シェアNO1の防水バック!AQUAPAC(アクアパック)→


潮干狩りに行くのですから、大金や多数のカードを持って行くことは避けたほうが良いでしょう。

貴重品以外のものは、ロッカーに預けると便利です。潮干狩り場にロッカーがあるかないかを事前に調べておくと助かります。


ザル

潮干狩り上級者?経験者?はザルを持参します。
熊手(くまで)は子供に持たせ、大人はキッチンで使う「金属製のザル」で潮干狩り。
短時間でたくさんの貝を採ることができます。
ザルなので、海水に通せば砂も簡単に落とせ、一石二鳥です。

空のペットボトル

1.5~2リットルの空のペットボトルを2、3本持参しましょう。(持ち帰る貝の量によって本数は異なります。)
自宅へ帰ってから、貝の処理をする際その海水を使用することができます。

お弁当・昼食

昼食は現地でと思って出かける方も多いでしょうが、潮干狩りに夢中になって昼食どころではない、また近くに昼食を食べる、買えるお店がない、売り切れなども想定されます。
あらかじめ、昼食としてお弁当を持参すると安心。潮干狩りを満喫することができます!

飲み物

潮干狩りをしたらのどが渇きます。天候に恵まれた場合は、なおさらです。
今では、自動販売機はどこでも見かけますが、現地で案外あるのが売り切れ。
コンビニまで距離があったり、子供がぐずったりとあれこれトラブルがつきもの。
飲み物もあらかじめ、多めに持参することをおすすめします。




TOPPAGE  TOP